エクセルーラパワーエマルジョンEXの正直レビュー!良コスパ乳液!

スポンサーリンク
美容
この記事は約4分で読めます。

今回は私の使っている乳液エクセルーラパワーエマルジョンEXをご紹介します
比較的どこでも買いやすいドラッグストアで買えるコスメ(ドラコス)で紹介しています
正直デパコスは合わないのです……

あくまで個人的感想です
肌は人それぞれ違うので、ぜひ参考までに閲覧いただけると助かります

脂漏性湿疹のコスメコンシェルジュが使っている化粧品になりますが、すべての人にアレルギー反応が出ないわけではありません
使用の際にはパッチテストをお勧めします

基本的にほめちぎっていますが、一軍コスメだから仕方ないですよね?
冗談抜きで今の最高スキンケアです!

こんな人にオススメ

エクセルーラパワーエマルジョンEX(Rich)のことが知りたい

使ってみた時の効果が知りたい

乳液は何を使ったほうがいいか悩んでいる

エクセルーラパワーエマルジョンEX(Rich)を月間300名以上のお肌の相談を受けてきた元ビューティアドバイザーのコスメコンシェルジュが解説していきます!

エクセルーラパワーエマルジョンEXとは

サトちゃんのキャラクターでおなじみの佐藤製薬さんが発売している、肌の潜在能力を細胞レベルから研究したスキンケアシリーズ

独自研究の高濃度・角層まで浸透する高浸透処方で、製薬会社ならではの知見やテクノロジーを生かしています!
そのため年齢に応じた、揺るがない美しさを引き出してくれます

瑞々しい艶感、ハリのある感触を実感できるように研究されています!

和漢植物エキスがたっぷり入っていて、『ぬる栄養ドリンク』なんですよ!

と言われました

栄養ドリンクと言えば、しっかり体力を回復してくれるイメージ
肌体力をしっかり回復してくれるなら、ありがたいですよね

個人的に乳液で感動したものって今までに2つしかないのですが、これは本当におすすめです!
敏感肌用使ってみて、いまいちだった人にはぜひトライアルで試してほしい商品です!

某有名乳液の使用感が嫌いだった

全国展開している導入美容液が有名になった某雑貨店のものを以前は使用していました

正直嫌いだったのですが、これと言って気に入る使用感のものが見つけられませんでした
嫌いだった理由が保湿力はいまいちだったのに、肌の上にべたつきが残るというところでした
超乾燥肌なので、どうしてもさっぱりタイプには変えたくなかったのです

使用感のタイプわけが浸透力によるものか保湿力によるものかいまいちわからなかったのです

メーカーによってタイプの分け方は違います
べたつきは気になるけど保湿力があるものが好みの方は、メーカーやBAさんに聞いてみるのがおすすめです!

試しにサンプル使ったらもう素敵な使用感だし肌効果だし
迷わず変更してしまいました。

使用量:朝 500円硬貨大 夜 500円硬貨2個分

本来の使用量は朝の使用量です

ではなぜ夜は朝の倍の使用量にしているか

それは乳液マッサージをしているからです

本来肌をマッサージする際には油分が多めのマッサージクリームを使ってマッサージすることがおすすめされています
ただ筆者の場合、マッサージクリームでマッサージすると油分の影響でかゆみや発赤が出ることが多かったです。だからBA時代から苦労していました。

マッサージを行う場合、油分がしっかりある状態でないとこすれの原因になってしまい、赤みやかゆみが生じてしまうことが多いです
マッサージを行う際は極力マッサージクリームを使用しましょう

乳液だとマッサージクリームほど油分はないですが、適度な油分があるため乳液でのマッサージを行っています
マッサージを行いながら塗布する影響か、肌なじみが早く理想の仕上がりになります

肌のツヤ感が最高

肌がしっかりふっくらする影響なのでしょうか
適度なツヤ感が生まれます
朝起きた時も変にテカってることもないです。

化粧水と一緒に使っている影響もあるでしょうが、本当に細胞一つ一つがしっかり空気の入っている風船のようにふっくらしています!

もうこれは最高です!

どんな乳液がいいか迷っている方は一度試してみてください

まとめ 乳液迷っている人はまず試してみて!

エクセルーラパワーエマルジョンEXは細胞一つ一つがしっかり空気が入っているようなハリを出しながら、ツヤも出してくれるおすすめの乳液です

こんな人にオススメ

エクセルーラパワーエマルジョンEXは「塗る栄養ドリンク」だから肌をしっかり回復してくれる

細胞一つ一つがしっかり空気の入っている風船のようにふっくらする使用感

乳液は何を使ったほうがいいか悩んでいる

トライアルが気になる人はこちらから!

ほかのスキンケアのおすすめはこちら!

エクセルーラの化粧水についてはこちらの記事をご覧ください

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました