ボディクリームで時短する3つのメリット!保湿が面倒くさくなくなる

スポンサーリンク

ボディクリーム、どうやって塗っていますか?

塗ったほうがかゆくないのもわかるけど、時間かかって好きじゃないんだよね

さんちー
さんちー

わかりますよーめんどくさいし、べたべたするからなんだか嫌ですよね
でも塗り方ひとつでかかる時間もべたべた感も抑えられますよ

そうなのです、あんなにめんどくさいボディクリームの保湿を短時間で終わらせるためのぬり方があるのです

めんどくさいけど、かゆくなるよりマシ!そう思ってつけている人って少なくないはず!

あの時間かかってしまう体の保湿を時短で済ませるのは、この方法!

  • 両手でクリームを温める
  • 塗りたいところに点置きする
  • クリームを均一にならすように塗っていく

なぜこの方法をとると時短できるのでしょうか?
毎月300人以上の肌のカウンセリングを行ってきたコスメコンシェルジュが詳しく解説していきます



塗りムラを減らせる

塗りムラはもちろんよくない

この塗り方の最大のポイントは、「塗りムラが減らせること

塗りムラがあると思うから、みんな一生懸命に塗り込むのです
塗り込むから無意識に、「ごしごしして」「時間がかかる」のです

それならムラにつかないようなつけ方をしたほうが、「こすらずに済む」し「時間もかからない」と思いませんか?

それではなぜクリームを点置きするほうが、「ムラなく」塗れるのでしょうか?

ケーキにクリームを塗るときを考えて

ケーキの側面にクリームを塗るときを想像してください

職人さんは最初からクリームを均一に塗っていますか?
必ず一度厚く塗ってから、そのあとに均一に塗っていきます

そのほうが「塗りムラなく塗れるから

肌にクリームを塗るときも一緒です
最初にクリームを置いてから伸ばしていくほうが、塗りムラがなく塗れます

それにひざやひじなど、乾燥が気になりやすいところには最初にしっかりクリームを置けば

ここはクリームが多いから、しっかり保湿しなきゃ

と気を付けて塗れますよね

このように点置きすることによって塗りムラを減らせ、注意ポイントも忘れずしっかり塗れますよね
点置きすれば、実は今より「こすらず」塗れるようになるのです
こすらず塗れるとはどういうことでしょうか?解説していきます

こすらず塗れるようになる

このくらいしっかりクリームが肌に載っていればいいけど、そんな人は少ない

自分では「こすっていない」つもりでも、想像以上にこすっているのがです

肌を守ろうと思ってクリームを塗っていても、想像以上に「こすっている」せいでクリームが本来の保湿力を発揮できていない可能性が高いのです

え、そんなにこすっているはずないのだけどなー

そう感じている人は少なくないはずです
それではクリームの無い状態でいつも塗っているように手を動かしてみてください

意外とカサカサ音がしませんか?

そのカサカサという音、要は肌をこすっている音です

こすることは肌にとって「百害あって一利なし」

こすることで肌は刺激から肌を守ろうと、角質層は分厚くなります
刺激を入れないだけではなく、うるおいまで肌に入れないようにしてしまいます

それだとせっかくクリームで保湿しても意味なくなってしまいますよね

それならば、無駄にカサカサ音がするような塗り方ではなく、音がする時間が短い塗り方をしましょう

この塗り方でこすらずに塗ることで肌にとってはメリットになりますが、塗るほうも時間がかからず楽なのです
一体どういうことなのでしょうか?

肌に触れる時間が減らせる

時間の節約はお金の節約以上に効果があるかもしれない

均一に塗ろうとするからこすってしまう、とお伝えしました
同じように均一に塗ろうとするから肌を必要以上に触って時間をかけてしまうのです

点置きしたほうが必要以上にこすらなくて済む、ということは、点置きしたほうが早く塗り終われる、ということ

要は時短になるのです
それではなぜ時短になるのでしょうか?

塗りムラがない=無駄に時間を使わない

先述したケーキにクリームを塗るときで考えましょう

もし一気に塗ってしまった場合、へこみが気になると後で修正をかけると、結局へこみの修正の分だけ無駄に時間がかかってしまいますよね

お肌も一緒、クリームがきれいに塗れているか不安になるから、何度も触って時間をかけてしまうのです

それなら、塗りムラを作らないようにするほうが、肌に触れる時間が少なくて済むと思いませんか?

どうしてもクリーム塗ると時間がかかってめんどくさい

そういわれる方は正直多かったですが、実は時間がかかるのは塗り方ひとつで解決できるのです

べたべたするのが気になるのも、点置きの時点で量の調整できるので、塗りながら調整しなくて済むのです

まとめ:早くて簡単なのは点置きだった

何気なくしている塗り方より、効率よく塗れるほうが入浴後の時間を有効に活用できますよね

入浴後は体の皮脂膜(うるおいを逃がさない天然の保湿膜)がなくなり、急激に乾燥が始まるタイミング
しっかり保湿して乾燥に負けない肌を作りましょう

点置き塗布をするメリット

点置きをすることで塗りムラを減らせます

点置きをすることで必要以上にこすらないから、肌を育てやすくなります

点置きすることで時短になって、乾燥から肌を守れます

時間からも乾燥からも肌を守れる、点置きボディクリーム塗布方法!
ぜひ1度試してみてください

おすすめのボディクリームについてはこちらをご覧ください

読者からいただいた感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました