ほうれい線の6つの原因と対策をコスメコンシェルジュが徹底解説!

スポンサーリンク
美容
こんな人にオススメの記事です
  • ほうれい線ケアをしたい
  • ほうれい線を作りたくない
  • スキンケアやメイクするのが楽しくない

最近乾燥してきたからほうれい線が深くなってきた気がする……
ほうれい線を薄くしたい

老けて見えるっていうから、ほうれい線を作りたくない

こんな風に思っている人は多いのではないでしょうか?

ほうれい線を放っておくとこんなことが起きてしまいます

  • 年齢より老けて見える
  • マリオネットラインを作って老けて見える
  • ブルドッグ顔になってさらに老けて見える

ほうれい線の原因を知って対策をすると、予防できたり改善できたりする人は多いのです

ほうれい線ケアを行うとこんないいことが起きます

  • 若々しく見える
  • 乾燥が気にならなくなった
  • スキンケアやメイクが楽しくなる
こんなことを伝えます
  • ほうれい線とは
  • ほうれい線の原因
  • ほうれい線の対策
さんちー
さんちー

ほうれい線が1mmできてたら、いつもどれが原因か考えて原因に合った対策を取っているので、効果は確かにありますよ!

ほうれい線の原因と対策について、月間300名以上のお肌の相談を受けてきた元ビューティアドバイザーのコスメコンシェルジュが詳しく解説していきます!



ほうれい線とは

グレーの線がほうれい線の例

小鼻から口角に向けて入ったしわのことをほうれい線と呼びます
このほうれい線が口からフェイスラインに向かって入ってしまった場合、マリオネットラインと呼びます

ロート製薬の調査では、ほうれい線を1cm伸ばすと見た目年齢が約6歳上がったという調査報告があります

放っておくと

ほうっておくと、見た目年齢をさらに上げてしまう「ブルドック顔」になってしまいます

たるみの例えによく使われるブルドッグ

たるみの始まる最初の段階としてほうれい線ができるといわれています

たるみの原因は後術しますが、原因がさまざま
もし乾燥が原因だった場合には、乾燥によるシミを作ってしまう可能性もあります

将来深くなるかどうかのチェック

ほうれい線なんて、ないから大丈夫よ!

ほとんどの人がそう思っていますが、実は5年後に出てくるかどうか確認する方法があります

準備するものは手鏡か携帯
やり方を紹介します

ほうれい線ができるかどうかのチェック方法
  • ステップ1
    鏡や携帯を顔の正面に向ける

    カメラの人はインカメラで自分の顔を写しましょう

  • ステップ2
    そのまま顔を真下に向けましょう

    思いっきり顔を下に向けるのがポイント

  • ステップ3
    ほうれい線があるかどうか確認しましょう

    将来出てくるたるみがわかります
    たるみが出やすいのは次の部分

    • ほうれい線
    • 目のくぼみ
    • フェイスライン

ほうれい線を放っておくとたるみを加速させる可能性があります
この手鏡やスマホのインカメラで簡単に確認しましょう

それではこのほうれい線を作ってしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか?
順番に解説していきましょう

ほうれい線の原因

実はほうれい線の原因はさまざま
原因は一つではなく、様々な要因が絡んでいることが多いのです

よくある原因について解説していきます
原因については次の通り

  1. 頬のたるみ
  2. 乾燥によるハリ不足
  3. 紫外線による真皮の変性
  4. むくみ
  5. 日常生活のクセ
  6. 頭皮のコリ
  7. メイク

原因について詳しく解説していきます

頬(ほほ)のたるみ

実は先ほどと同じ方法で、たるみが原因でほうれい線ができているかどうか確認できます

ほうれい線の原因がわかるチェック方法
  • ステップ1
    鏡や携帯を顔の正面に向ける

    カメラの人はインカメラで自分の顔を写しましょう

  • ステップ2
    そのまま顔を45℃上に向けましょう

    真上を向くのはNG

  • ステップ3
    ほうれい線があるかどうか確認しましょう

    変化があれば頬のたるみが原因でほうれい線ができてます
    変化がなければ他の原因の影響が高い可能性

頬のたるみには、大きく分けて「筋肉の衰え」「スマホ首」の2つの原因があります

筋肉の衰え

筋肉の衰えで指すのは主に「口輪筋の衰え」です
口を開けたり閉じたりするときに使う筋肉で、ほうれい線は口輪筋の境目にできるものを指します

頬の下にある頬骨筋が衰えることにより、土台のチカラが弱りたるみを加速させてしまいます

筋肉の衰えにより、頬の重みを支えきれなくなったときに「たるみ」として、ほうれい線ができてしまいます

スマホ首

スマホ首は顔をうつむきがちにしてしまいます

普段の生活でも重力を受けて、肌は下に向けて垂れやすくなっています
うつむきがちな姿勢を作ることによって、重力による影響をさらに加速させてしまいます

スマホを見ているときだけうつむくならいいのですが、意識していない時も顔を下に向けやすくなってしまい、結果として「寝ていないときはいつも下向き」の環境を作ってしまいます

このように筋肉の衰えやスマホ首の姿勢、頭皮のコリにより、重力に逆らえなくなったことで「たるみ」が始まり、結果としてほうれい線を作ってしまいます
実は肌質によるほうれい線の影響も大きいのです

乾燥によるハリ不足

口輪筋の境目にできるのがほうれい線と言いますが、そもそもなぜ境目にシワができるのでしょうか?

紙で例えると、画用紙にしわを作ろうと思うとチカラが必要になります
しかしコピー用紙でしわを作ろうと思うとチカラはいりません
安いティッシュだと簡単にぐしゃぐしゃになって、しわを付けないようにするほうが難しくなります

紙を肌に置き換えて考えてみましょう

  • 画用紙はハリのある肌
  • コピー用紙は乾燥しがちな肌
  • 安いティッシュは乾燥してハリが不足している肌

このように肌質とほうれい線には大きな影響があります
そして肌質に影響を与えるのは、乾燥だけではありません
それでは何がほうれい線に影響を与えてしまうのでしょうか?

紫外線による真皮の変性

コラーゲンは肌の骨格を作っています
図で言うと白い格子状に入っている線です
そのコラーゲンをつなぎ合わせているのがエラスチン

コラーゲンとエラスチンは家で言う柱とくぎの関係
コラーゲンで骨組みを作り、エラスチンがくぎの役割をしてコラーゲン同士をつないでいます
その上の屋根(表皮)をしっかり支えています

コラーゲンやエラスチンを作っているのが線維芽細胞になります
この繊維芽細胞が紫外線や外的刺激によってダメージを受けると、コラーゲンやエラスチンを作るチカラが弱まります

コラーゲンやエラスチンを作るチカラが弱まると肌を支えられなくなります
家で言う柱が細くなり、くぎが抜けそうになっている状態
支えるチカラが弱くなったので、屋根に当たる表皮が凹んできて、ほうれい線になるのです

このように筋肉や肌の影響でたるみが生じ、へこみとしてわかりやすくなるのがほうれい線
しかしほうれい線が厄介なのは凹みができていることだけが原因ではないのです

むくみ

血液中の水分が必要以上に血管の外にしみ出し、皮膚と皮下組織内に溜まる状態がむくみです。長時間立ち続けていたときなどに起こる一時的なものと、心臓、腎臓、肝臓や甲状腺などの疾患が原因で起こるものがあります。日常的なむくみは、皮膚の上から指で押したときに、へこんでなかなか元に戻らないことで気付くことが多いようです。

むくみの原因 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

図でいうと皮下組織の中に水分が溜まる状態をむくみと言います

皮下組織の中には脂肪層があり、この脂肪層の中に水分が溜まっていきます
水分が溜まるとそれだけ肌の重みが増えてしまいます

皮下組織の下には筋肉があり、肌を支えています
むくむことで肌は通常より重くなっていて、支えられなくなることでたるんでしまいます
たるみをきっかけにほうれい線ができてしまうのです

高校生や男性などにほうれい線がある場合、このむくみが原因のことが多くなっています

このように肌や筋肉などの影響が多いほうれい線、実は日常生活で加速させてしまっていることがあるのです
ではどのようなものが加速させてしまうのでしょうか?

日常生活のクセ

ほうれい線もしわの一つ
このしわを作ってしまう原因には日常生活のクセの影響も大きいのです

ほうれい線を作ってしまう原因には次のようなものがあります

  • スキンケアのチカラが強い
  • ほおづえをつく
  • 食事の際片側だけで噛む
  • 寝方
  • への字口

クセではないですが、噛み合わせの影響でほうれい線ができることも
何気ない動作がほうれい線を作ることは少なくありません

頭皮のコリ

見落としがちな原因に頭皮のコリがあります

皮膚は頭頂部からつま先まで1枚の皮膚でつながっています
頭皮の血行が悪くなると、血液循環が悪くなり筋肉の張りが失われます
筋肉の張りが失われることによって、ほうれい線が出来やすくなってしまいます

髪をポニーテールに結んだときにほうれい線が薄くなる人は、頭皮のコリが原因で顔の皮膚が支えられずにほうれい線ができている可能性があります

またこめかみあたりが凝ってしまうと、頬の皮膚を支えられずにほうれい線になってしまいます

メイク

実は普段は気にならないけど、メイクをした時だけ気になるという人もいます

これはメイクが肌の凹凸を助長してしまっている影響があります

素肌はうるおいに満ちていると、光の影響で肌の凹凸を目立ちにくくします
しかしメイクは場合によっては光の影響を遮ってしまいます

光の影響を受けなくなると、素肌のチカラで気にならなくなっていた凹凸が目立つようになってしまいます
これがメイクしたときに、いつも以上にほうれい線が気になってしまう原因

このようにほうれい線はさまざまな要因でできてしまう肌トラブル

  1. 筋肉の衰えやスマホ首による頬のたるみ
  2. 乾燥によるハリ不足によってしわを作りやすくなっている
  3. 紫外線による繊維芽細胞のダメージを中心とする真皮の変性
  4. むくみことによる筋肉への負担増
  5. ほおづえなどの日常生活のクセ
  6. 頭皮が凝っていることでほほの重みを支えられなくなっている
  7. メイクによる凹凸の助長

それではどのようにこれらの原因に対して対策をとっていくべきなのでしょうか?

ほうれい線の対策

様々な原因でできているほうれい線
そのため対策も様々。おすすめの対策は以下の通り

  1. トレーニングとストレッチ
  2. 保湿の見直し
  3. 紫外線ケア
  4. むくみ対策
  5. クセの矯正
  6. ブラッシング
  7. メイクの工夫

それでは順番に解説していきます

トレーニングとストレッチ

筋肉の衰えやスマホ首対策には、トレーニングとストレッチがおすすめ

口輪筋のトレーニングは、簡単でマスクをしたままでもできる、こちらのトレーニングがおすすめ

口元のたるみ改善!間々田佳子さんが教える表情筋トレーニング<第6回>「ウートレーニング」

より簡単にしようと思ったら、歯ブラシを手を使わずに咥えるのもおすすめ
意外と口周りの筋肉を使います

スマホ首対策としては次の動作がおすすめ

スマホ首対策にオススメの動作

首や背中をしっかり伸ばしましょう
肩甲骨を引き寄せましょう
肩を回しましょう

スマホ首対策については「スマホ首を自宅ケアだけで治す方法『小顔になりたい人』必見!」もご覧ください

保湿の見直し

肌が乾燥している場合、必須になるのが保湿ケアの見直し

スキンケアの量の見直し

化粧水の量は足りてますか?
化粧水の最適な量は、メーカー推奨の量ではなく、自分の肌が欲している量

見分け方は「爪周りで触ったときに、ひんやりする量」
ひんやりするくらいまで入れられてないときは、実は足りてないかもしれません
化粧水の適量については「【化粧水の適量】肌に必要な化粧水の量を見分けるたった1つの方法」をご覧ください

ハンドプレスで浸透力を高める

スキンケアをしっかり浸透させるためにハンドプレスも必須
ハンドプレスとは「半熟のゆで卵をつぶさないように温めるように手で顔を覆うこと」
このひと手間でスキンケアの浸透力が上がります

アイクリームの活用

使っているアイクリームがあるなら、塗り込むのもおすすめ

  • ハリのある肌を目指すためのアイテム
  • 目元の薄い皮膚でも使える

ハリを出すためにオススメの成分は次のもの

  • レチノール
  • ナイアシンアミド
  • ビタミンC

目元で効果が出るので口元でも効果が期待できます

ナイアシンアミド製品なら「ONE BY KOSE THE WRINKLESS」がおすすめ
商品レビューは「ONE BY KOSE THE WRINKLESSの正直レビュー!」をご覧ください

ビタミンC製品なら「オバジセラムC10」がおすすめ
商品レビューは「オバジセラムC10の正直レビュー!数字の違いは濃度の違い」をご覧ください

このように対処のスキンケアはできますが、しわを作らないためのスキンケアはそれ以上に大切
しわを作らないためのスキンケアとはどのようなものを指すのでしょうか?

紫外線ケア

根本のスキンケアとは、紫外線によるダメージを減らすこと
繊維芽細胞は紫外線によってダメージを受け、コラーゲンを変性させてしまいます

それなら紫外線ダメージを減らし、コラーゲンの変性をさせないほうが簡単で効果が期待できます

紫外線対策として年中日焼け止めは塗っていますか?
多くの人が肌の色味が健康的になりやすい時期のみ使用していると思いますが、実はこれはNG

紫外線量A波B波

真皮に悪影響を与えるUV-Aは年中降る量が変わりません
そして夏でも降る量は肌を健康的な色味に変えるUV-Bよりはるかに多いのです

さらに紫外線は肌を乾燥させてしまうので、どれだけ保湿をしても、保湿の効果を期待できない可能性があります

そのため日焼け止めは年中使用がおすすめ
日焼け止めについては「【シミだけではない!】日焼け止めが春夏秋冬必需品の3つの理由」をご覧ください

むくみ対策

肌の中に水分が溜まってしまっているので排出しやすくしましょう
おすすめの方法は次の通り

  • マッサージをして水分代謝を上げる
  • 塩分を調整して体の中に水分が溜まりにくくする
  • 水分を摂取して水を貯えようとさせない

マッサージ

マッサージをすることで老廃物を流しやすくすることができます
スキンケアをした最後に次の動きをしてみましょう

むくみ対策のちょこっとマッサージ
  • ステップ1
    首をなでる

    耳の下から胸鎖乳突筋(首にチカラを入れて浮き出る筋肉)をなでおろす

  • ステップ2
    鎖骨をなでる

    中央から肩先に向かってなでる

  • ステップ3
    脇をもむ

    脇のくぼみを4本指でもむ

顔のマッサージが専用のクリームが必要で敷居が高いと感じる人も多いので、ぜひこのやり方を取り入れてみてください!

塩分調整

体の中に水分が多い理由に、塩分を摂りすぎていることも考えられます

人間の体の中は水分でできていますが、塩分濃度は約0.9%と言われています
塩分を過剰に摂取してしまうと塩分濃度を下げようと、体内に水をためこみやすくなってしまいます

そのため、食べすぎた次の日にむくむことが多い人は、塩分を控えるように努力しましょう
塩分を控えるための工夫法は次のものがあります

  • 出汁を効かせる
  • 香りのいいスパイスやハーブ、薬味を使う
  • 減塩しょうゆを使う
  • 加工食品を控える

このような工夫をするのがおすすめ

水分を摂る

水分を摂る量が少ないと、体内の塩分調整に必要な水分が不足することがあります
体は塩分調整に使えるようにするために水分をためようとします

また、水分を摂っているつもりでも利尿作用で水分をより出してしまうものがあります

  • アルコール
  • カフェイン

これらを良くとる人は、アルコールやカフェインを摂った分の2倍は水分を摂るようにしましょう
2倍とるのはハードルが高いので、アルコールやカフェインを摂った後に、水などのアルコールやカフェインがない飲料を摂取しましょう

これらのむくみケアをすることによって適切な水分量を保持していきましょう
むくみはほうれい線だけでなく、健康にも影響を与えるものになります

クセの矯正

日常生活のクセの影響を大いに受けるほうれい線
それではクセの矯正とはどのようなものがあるでしょうか?
対策を考えていきましょう

  • スキンケアのチカラが強い→肌はケーキだと思い込む
  • ほおづえをつく→どんな時にほおづえをつくか意識してみる
  • 食事の際片側だけで噛む→口にものを入れる方向を決めて、次の一口は逆方向に入れる
  • 寝方→枕などの睡眠環境を整える
  • への字口→家に帰ったら箸を噛むなど、口角を上げる練習をする

原因に対して、少し無理やりな対策を上げましたが、このくらい意識しないとクセは治りません
どんなにケアを頑張っても、クセが治らなければほうれい線は改善されません
悩みを改善するには必須だと思って取り組みましょう

このように日常生活で改善できる方法はありますが、メイクで改善できる方法にはどのようなものがあるでしょうか?

ブラッシング

頭皮のコリを改善するのにはブラッシングが一番おすすめ
簡単で髪のツヤも出してくれます

  1. 毛先
  2. 耳から下の髪
  3. 頭皮

以上の順番で1日2回朝晩ブラッシングしましょう
ブラッシングについては、「シャンプーも準備が大事?意外とおろそかにしがちな2つの準備工程」をご覧ください

ブラッシングは頭皮も使えるタイプのブラシがおすすめ

頭皮マッサージも併せて行うと頭皮の血行がさらに改善されますよ

美容師の頭皮マッサージテクニック!頭皮ケアのポイント6選|【アンファー公式】

メイクの工夫

ほうれい線が気になる理由に「陰になっているから」があります
陰になる部分がなかったのに、影ができるようになったから気になるのです

それなら影をなくしましょう
影をなくす方法に「ハイライトを活用する」があります

陰になるということは、光を跳ね返すことができていないということ
それなら光を自分で作りましょう

ほうれい線が気になるところにうっすらハイライトを入れるのがおすすめ
この時に使うハイライトは大きめのラメが入っているのではなく、小さなパールが入っているようなもの
ラメだと悪目立ちして逆に気になるようになります

また、ファンデーションが入り込むことで目立つようになってしまいます

  • ファンデーションは極力薄め
  • 塗るときは、ほうれい線から耳に向かって塗る
  • おしろいを使う人はプレストタイプ(固形)よりルースタイプ(サラサラの粉)

この3点を工夫するだけで、意外と目立たなくなります

このようにほうれい線が気になるときはこの6点のケアがおすすめ

  1. 口輪筋のトレーニングとスマホ首対策のストレッチ
  2. 化粧水の量、ハンドプレスを行う、アイクリームの活用による保湿の見直し
  3. 年中の紫外線ケア
  4. マッサージ、塩分調整、水分摂取によるむくみ対策
  5. 思考を転換することによるクセの矯正
  6. ブラッシングによる血行改善
  7. ハイライトの活用などのメイクの工夫

早めの対策が悩みを解決する

悩む人の年齢層が意外と多いほうれい線
ほうれい線の原因が複雑だからこそ、さまざまな対策が必要になります

ほうれい線の原因
  1. 筋肉の衰えやスマホ首による頬のたるみ
  2. 乾燥によるハリ不足によってしわを作りやすくなっている
  3. 紫外線による繊維芽細胞のダメージを中心とする真皮の変性
  4. むくみことによる筋肉への負担増
  5. ほおづえなどの日常生活のクセ
  6. メイクによる凹凸の助長

これらの原因を踏まえた対策は次の通り

ほうれい線の対策
  1. 口輪筋のトレーニングとスマホ首対策のストレッチ
  2. 化粧水の量、ハンドプレスを行う、アイクリームの活用による保湿の見直し
  3. 年中の紫外線ケア
  4. マッサージ、塩分調整、水分摂取によるむくみ対策
  5. 思考を転換することによるクセの矯正
  6. ハイライトの活用などのメイクの工夫

一晩でできるときもあれば、積み重ねでできるときもあるほうれい線
まず一番心当たりのある原因から、対策をとってみませんか?

たるみが目元にも出てこないか心配な人は「アイクリームを使う前に!いつものケアで目元のたるみにアプローチ」もご覧ください

ほうれい線をしっかりケアするなら、ドクターシーラボのエンリッチメディカリフトセラムがおすすめ!正直レビューは「ドクターシーラボエンリッチメディカリフトセラム正直レビュー」をご覧ください

読者からいただいた感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました