【寒くなる前に】11月に美肌を育むお手入れは保湿+○○?!

スポンサーリンク
月別スキンケア
この記事は約6分で読めます。

過ごしやすい気候からだんだん寒さを感じ始める11月
二十四節気でも霜降(10月24日ごろ)から始まり、立冬(11月7日ごろ)小雪(11月22日)と季節が進んでいきます

本格的に冬が始まる11月、スキンケアもだんだん「寒さ」や「乾燥」を意識した対策が必要になってきます

この記事がおすすめの人
  • 11月のスキンケアのポイントが知りたい
  • 季節ごとにスキンケアに工夫をしていない人

11月に対策を怠ってしまうと乾燥が気になるようになり、適切な対策をとるとうるおいに満ちた肌に近づきやすくなります
冬の肌状態を左右する大事な季節なのです

この記事の内容
  • 11月の気候
  • 乾燥ケアはやっぱり外せない理由
  • やっぱり重要、マッサージ

11月のスキンケアのポイントについて、毎月300人以上の肌のカウンセリングを行ってきたコスメコンシェルジュが詳しく解説していきます



11月の気候

1年間の気温と湿度の推移
日本の気温と湿度の変化(気象庁のデータを参照)

11月は10月に比べて平均気温が5℃以上下がる季節
実は前月との気温差が一番激しい季節

乾燥が気になり始める季節ではありますが、実は湿度は10月とそんなに変わりません

さんちー
さんちー

肌に最適な湿度は65~75%と言われていて、その域を外れていないのです!

紫外線量A波B波

紫外線量もA波しわ・たるみの原因の紫外線)が少し下がってきていますが、やはり肌の健康のためにも日焼け止めは欠かせません

B波シミ・日焼けの原因の紫外線)は相変わらず少ないのですが気を抜かずに日焼け対策は行っていきましょう

乾燥ケアはやっぱり外せない理由

肌は5℃以上の気温差があると急激に乾燥する、と言われていますが、11月はピッタリ当てはまります

なんだか最近乾燥が気になって、かさつくようになってきたんです

11月になると乾燥によるかさつき、ひどい人では粉をふいたようになってしまうものです
かさつき・粉ふきは乾燥による影響のもの

夏のダメージの影響と乾燥の影響のダブルのダメージが出てくるのがこの季節

さんちー
さんちー

この時期は乾燥で悩まない人はいないくらい、乾燥を訴えられるお客様の多い季節!
どんな人でも乾燥しますが、乾燥の程度を決めるのはあなたのスキンケア次第!

乾燥で気を付けたいのは気温差と暖房

既に述べたように気温差の激しい11月

どうしても朝晩寒く、昼間は過ごしやすい気候になります

朝晩の寒さは肌にとって、過酷な状況
5℃以上の気温差が毎日続くので、肌は当然乾燥してしまいます

その上、寒くなってき始めたから、と家庭での暖房を使い始める人も多いのが11月

暖房を使ってしまうとどうしても空気が乾燥しやすくなってしまいますよね
お肌も当然乾きやすくなってしまいます

それでは、この乾きやすくなっている状態でおすすめのケアにはどんなものがあるのでしょうか?

油分より水分がおすすめの理由

ズバリ、寒いからと化粧水を使う量が減っていませんか?

化粧水の役割は、肌に水分を補充して潤い続けるようにすること
もしこの化粧水の量が減っていると、どうしても乾燥しやすくなってしまいますよね

化粧水の適切な使用量はこちらをご覧ください

現代人はどうしても脂っぽい肌になりやすいのです

  • 食事の欧米化
  • ストレス
  • 睡眠不足

上記の影響でどうしても皮脂は多く出てしまいます
皮脂膜を形成するのは汗と皮脂

これは肌の中の水分を保つ構造と似ているのです

親水基はを、親油基は油分を引き寄せます
肌で言う水は、油分は皮脂になります

どうしても皮脂が多いのなら、肌にぐっと入れるべきなのは本来水分である化粧水なのです

このように肌に不足しがちな水分をしっかり与えることで、肌の水分を保ちやすくすることはとても大切

しかし、その水分を保ちやすくするためには、そもそも皮膚を作るもとの血液がしっかり肌に栄養を届けなければなりません

その血流改善のためのスキンケアとは、どのようなものがあるでしょうか?

やっぱり重要、マッサージ

そう、血流改善のためにも対策として最もメジャーなものはやっぱりマッサージ!

マッサージをすることはとっても大切ですが、重要さってなかなかわからないですよね

血流ケアができる

筋肉に対して適切な圧をかけることで血流を改善することができます

肩こりが気になっているときにマッサージを受けると、マッサージを受けたところはもちろん、体全体がポカポカしてきますよね
あのポカポカしているのは血流がよくなったから

顔は筋肉まみれ、当然顔の筋肉だってこってしまいます

筋肉のコリをほぐすと滞りがちな血流が改善され、皮膚にしっかり栄養が届くようになります

さんちー
さんちー

マッサージをお勧めするのは、この顔のコリをとることによる血流改善が大きな目的!

血流が改善されたら、肌に栄養も届けられやすくなるし、老廃物も流れやすくなります!

寒くなるとどうしても血色が悪くなりがちですが、血行を改善することで血色のいい肌に近づきやすくなります

角質ケアができる

マッサージすることで触るのはどこでしょうか?
当然肌表面ですよね

マッサージクリームを使って肌表面をなでたりこねたりすることで、角質層の古くなった角質を除去することができます

夏の間に紫外線でダメージを受けている角質を、適切な時期に除去することは肌にとってとても大切

角質を除去することで起きるメリット

顔色が明るくなります(本来より多く重なっていたものがなくなるため)

化粧水などのスキンケアの浸透がよくなります(古くなった角質はスキンケアの浸透を邪魔します)

触り心地がよくなり、スキンケアのやる気が出ます(古くなった角質はどうしても触り心地がよくありません)

角質を過剰に除去すると肌荒れの原因になってしまうので、チカラを入れすぎない、クリームをたっぷり使う、などの工夫をしっかり行いましょう

別々にするのめんどくさくない?

そしてマッサージをお勧めする最大の理由は血流ケアと角質ケアが一度にできること!

血流ケアも角質ケアも専用のアイテムが出ています
そして別々でしたほうが時間は短く済むかもしれません

でもその分どうしてもコストは高くなってしまいます

別々で買った場合

血流ケア美容液 5,500円 約1.5か月分

酵素洗顔    945円 15日分

どちらも一緒に行おうと思ったら初期投資に約6,500円必要になります

こちらだと初期投資が5,500円で済むのです

このマッサージクリームの場合、お風呂に入りながらマッサージを行うため、時短にもなるのでお勧めなのです

カネボウ KANEBO BEAUTY WORKSHOP ~AWAKENING METHOD フェイスマッサージ ~

この方法でマッサージすると手短に効果的なマッサージが行えます

11月の気温に負けない肌作り

このように寒くなり始める11月こそ、保湿に特化したお手入れが重要になってきます

11月にお勧めの洗顔方法

化粧水を角質の隅々に行き渡らせて乾燥ケアをしっかり行いましょう

マッサージで血流ケアと角質ケアをすることで生き生きとした血色のいい顔色になれます

本格的に寒くなる前に夏のダメージをしっかり回復して、寒さの厳しくなる冬に備えましょう!

読者からいただいた感想

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました