赤ちゃんのスキンケアは何歳まで?保湿こそ習慣化すべき3つの理由

スポンサーリンク

赤ちゃんのお世話って大変ですよね
毎日走馬灯のように過ぎていくものだと思います

そんな忙しい毎日でも、一生懸命されている「赤ちゃんのスキンケア」
いったいいつまですべきなのか、悩んでいませんか?

スキンケアのプロであるコスメコンシェルジュがおすすめするのは、「赤ちゃんの保湿は3歳までは続けて習慣にする」こと

では、なぜ3歳までで、尚且つ習慣化すべきなのでしょうか?

こんな人にお勧めの記事です

赤ちゃんのスキンケアはいつまで続けるべきかわからない

赤ちゃんのスキンケアの与える影響がわからない

なんで習慣化すべきなのか疑問にもつ

赤ちゃんの保湿は3歳までは続けて習慣にすることをお勧めする理由を、毎月300人以上の肌のカウンセリングを行ってきたコスメコンシェルジュが詳しく解説していきます



赤ちゃんの皮膚は繊細だから

最初に、なぜ「3歳まで」と明確に示しているのでしょうか?
その説明をするためには赤ちゃんの肌の薄さについて解説していきましょう

赤ちゃんの肌は薄い、薄いから傷つきやすい」と聞いたことはありますか?

オトナの女性の肌でも、一番表面に出ている角質層はラップ約1枚分の厚みしかありません
赤ちゃんはその半分

そんな薄さの肌ですから、大人は大丈夫な刺激でも赤ちゃんにはダメージになることも
薄いからこそ、肌を守る機能を高めるのに使うのがスキンケア

赤ちゃんから思春期まで、肌は脂っぽくなったり乾燥したり、大忙しだとご存知ですか?

生まれてから思春期までは皮膚は大忙し

まず、生まれてから生後3ヵ月くらいまではお母さんのホルモンの影響をうけます
お母さんのホルモンで肌を守るため、3か月くらいまでは肌が脂っぽいです

だからこの前後で乳児湿疹が出るんだね

その後だいたい4ヵ月目くらいから思春期に性ホルモンの影響を受けるまでは乾燥する時期に入ります
この時期が生涯で1番乾燥する時期ともいわれています

思春期になると、性ホルモンの影響を受けて皮脂の分泌が増えます
皮脂の分泌は皮膚を保護する皮脂膜を作るためにも必要不可欠!
皮脂膜を作れるようになるため、皮膚のバリア機能は強化されていくのです

さんちー
さんちー

皮脂の分泌が盛んで毛穴まで詰まってしまうのは思春期ニキビなのです!

3歳までは赤ちゃんの肌だと思おう

赤ちゃん、というとだいたい1歳までを指すのが一般的ですが、肌の場合は3歳まで

基本の肌は3歳までに作られると言われています

赤ちゃんのスキンケア

3歳になると大人の皮膚の厚さと変わらなくなると考えられます

なので、スキンケア類も赤ちゃん用と書かれているものを3歳までは使ってあげるほうがおすすめ

3歳を過ぎても、赤みや湿疹が出やすかったりする場合は赤ちゃん用を継続して使用してみたり、防腐剤無配合のスキンケアを使ってみることをおすすめします

3歳以下でスキンケアをやめた人でも、今から再開しても遅いことはありません
しっかり保湿して肌のバリア機能アップしてあげましょう

アレルギーの発症の可能性を下げられる

実は肌を保湿することは、肌だけでないところにも影響を与えられる、とご存知ですか?

アトピー性皮膚炎の家族がいる赤ちゃんに、生まれてからすぐにスキンケアをした子どものグループと、しなかった子のグループに分けた研究結果があります。それには、生まれてからすぐにスキンケアをしたグループは、3~4割ほどアトピーの発症を抑えられたという結果に。

赤ちゃんに本当に必要なスキンケアは?肌トラブルは食物アレルギーの引き金に。皮膚科医・友利先生に聞いたおすすめスキンケア9選

アトピーは肌の中に刺激を入れやすい状態

もし刺激が体に悪影響を及ぼす場合、皮膚だけの悪影響ではすまないこともあります

アレルギーとアトピーの関係性

アレルギーマーチという言葉をご存知ですか?

アレルギーマーチは、アレルギーになりやすい子どもが成長するにつれて、いろいろなアレルギー疾患に順番にかかっていく様子をたとえたものです。

特集 子どもの成長とアレルギー「アレルギーマーチ」から学ぶアレルギー疾患の予防と管理

もしアトピー性皮膚炎を抑えられたら、アレルゲンの肌からの侵入を防ぐことができるので、花粉症などのリスクを減らせる可能性があります

また、食物アレルギーのない子には、アトピー性皮膚炎ではない子のほうが発症率が低いこともわかっています

このように、アレルギーの発症のリスクを抑える効果が、赤ちゃんのスキンケアにはあるのです

習慣化すると大人になってから乾燥肌で困らない

さんちー
さんちー

BA時代に苦労したこと、それは新しい習慣を提案してもなかなか定着しない!

BA時代の取り組み商品に、洗顔後すぐに美容液を付ける商品がありました

肌結果はすぐ出るものの、なかなか定着せず……
オトナになってから新しい習慣をつけるのは、なかなか難しいのだな、と痛感

さんちー
さんちー

その時に、三日坊主のすばらしさに気付きました!
だって3日も続くんですよ!

「子どもの時のクセって治りにくい」を逆手に取る

逆に、「子どもの時からのクセを治したいけど、なかなか治らない」はよく聞きませんか?

保湿はクセではないですが、クセってある意味ルーティーン化しているもの
それなら子どものうちにしっかりルーティーンにしておいたほうが、大人になって保湿を習慣にするより定着しやすいのではないでしょうか?

さんちー
さんちー

実際のカウンセリングでも、乾燥しているのが普通だった人ほど乾燥がひどいのに、どうしても忘れて続けられない、という人が多かったのです

ツッコミ
ツッコミ

あかぎれする、さかむけがひどい、と不便さが深刻になると、改善するまで時間がかかるのにね!
ケアの後回しは時間の無駄遣いと考えるほうがベターだよ!

さんちー
さんちー

だからこそ、嫌がられても保湿をしっかりすることで、大人になったときに保湿を嫌がらなくなりそう!

オトナになったときにお子さんが困らないためにも、どんなに嫌がられても保湿をするのがおすすめなのです

子どもの未来のために大人ができること

このように、子どもの時にしっかり保湿することで、大人になったときに乾燥肌で困るリスクを下げることができます

赤ちゃんの保湿は3歳までは続けて習慣にしたほうがいい理由

赤ちゃんの肌は繊細で、3歳までは傷つきやすいと思ったほうがいい

アトピー性皮膚炎の発症を抑えることで、アレルギーのリスクを減らすことができる

大人になったときに習慣化するのは難しいから、子どもの時に習慣化したほうが定着する

このように赤ちゃんの保湿は、将来の肌質だけでなく健康にも大きな影響を与えると考えられています

嫌がられて心が折れる親御さんも多いと思います
しかしお子様の肌のためだと思って、嫌われる勇気をもって保湿してみてください

おすすめの保湿剤はこちらで紹介しています

読者からいただいた感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました