コスメコンシェルジュがスキンケアで特に気を付けている4つのこと

スポンサーリンク

スキンケアで気を付けることっていっぱいあるイメージですか?

スキンケアで気にしていることは何だろう、と考えるようになったきっかけはこちら!

美活といえば、スキンケア!

少しのコツで結果が変わるものって実は多いのです

こんな人にオススメ

手軽にできるスキンケアのコツが知りたい

スキンケアを変えなくて済む美容法が知りたい

美容に興味を持ち始めて、なにか始めたい

実践している美容法について、毎月300人以上の肌のカウンセリングを行ってきたコスメコンシェルジュが詳しく解説していきます



W洗顔編

保湿より気を付けているのはW洗顔!

W洗顔は荒れ地を畑にする作業!

おいしい野菜もきれいな花も荒れ地ではうまく作れません
きれいになる基本はW洗顔にあると考えています

W洗顔とは「W洗顔はクレンジング+洗顔!目的が違うから2回洗おう」で解説しています

クレンジングは必ず!

クレンジングは自分のつけた汚れ(メイクや日焼け止め)をきれいに洗い流すのに大切な作業!
きれいに汚れが取れないことはきれいになるスピードを遅くする、もしくは通せんぼしてしまいます!

せっかくの化粧水などの美容効果を無駄にしないためにも、クレンジングはとても大事!

クレンジングって軽視されがちですがとても重要なお手入れ!

クレンジングの重要性については「美肌のためにこそクレンジングにこだわるのがおすすめの3つの理由」で解説しています

使うお湯の温度は意識する

クレンジングを流すときも洗顔を流すときも使うのはぬるま水!
「水」でも「お湯」でも刺激になって乾燥してしまいます

乾燥させないためにも「適切な温度」を使うことはとても重要
そのための温度は35度以下、できるだけ30度くらいで洗顔をしています

なぜ35度くらいなのか、「シャワーで洗顔するのはなぜNG?美肌のための洗顔に大切な2つの事」で詳しく解説しています

保湿

きちんとW洗顔したからこそ、スキンケアをしっかり浸透できるようになります
このスキンケアを浸透させるのにも大事にしているポイントがあります

それはいったいどんなことでしょうか?
詳しく解説していきます

化粧水は「肌が欲しがる分」しっかり使う

「化粧水をたっぷり使う」とよく雑誌で見かけますが、あのたっぷり使うときの量ってどのくらいか知っていますか?

肌はきちんとほしい分を教えてくれます

その教えてくれる量をしっかり与えるだけ

「欲しがる量」を知ることで、効率よく保湿ができます

欲しがる量については「【化粧水の適量】肌に必要な化粧水の量を見分けるたった1つの方法」で解説しています

手を動かしすぎない、チカラは気を付ける

浸透させたいからこそ、手をいっぱい動かしがちですが、これはNG

そのたびごとに肌を摩擦しています

スキンケアこそ摩擦レスが大事!

いつもしていることを崩さないことが大事

スキンケアもダイエットと一緒

毎日トレーニングをするようにスキンケアを行います

たまにはチートデーと称して甘やかしてあげるのが、マッサージやパック

同じことを繰り返すことで結果が違ってきます

スキンケアで気を付けていること

クレンジングで汚れはきちんと取り除く

顔を洗うときの湯温は35度以下にする

化粧水は「欲しがる量」をきちんと与える

浸透はじっくり、パワーレスで

いつもしていることを少し工夫するだけで肌は変わります!

ぜひ一度試してみてください✨

読者からいただいた感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました